photo  
 
愁雨
驟雨の中を小走りに橋を渡る恋人たちの姿も、モノクロームに沈む薄暮の街ではどこか愁いを感じさせるのです。
back home next